So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
施設案内
施 設 名      就労継続支援A型  なんぽう宮崎
運営主体      株式会社 南豊
代表者名     代表取締役  田中豊司
所 在 地      〒880-0123  宮崎県宮崎市大字芳士中原587-1
問合せ先      ℡ 0985-78-0044   FAX 0985-65-6667

___________________________________________________________________________________________

 「なんぽう宮崎」では、就労継続支援A型事業として、
利用者(精神・身体障がい者を主とします)を募集しています。

仕事の内容は、業務用食材の通販業務(受注・荷造り・発送)、
ブログ管理・作成業務・委託業務としまして、車の部品組み立て・ブランディアなどです。


____________________________________________________________________

7月10日

この間、テレビで白い黄味の卵を紹介してました。
卵の黄身は、黄色か赤みがっか黄色しか見たことがなっかたので驚きました。
みなさんが知っている鶏の卵の黄身は黄色ですから、初めてこの卵を見たときはビックリされると思います。
なぜこうなるかというと、エサが違うからなのです。
鶏はカロリー・水分・タンパク質・脂肪・繊維・灰分の栄養素含量を算出し、独自の配合で原料をかけあわせた配合飼料を食べています。
その中のメインがトウモロコシなのですが、これをお米に変えることによって、黄身の白い卵が出来上がるのです。
卵黄部分の色はカロテノイドと呼ばれる色素により形成されています。
鶏の体内ではこのカロテノイドを合成する事ができません。
そのため、卵黄に着色するには飼料からカロテノイドを摂取する必要があるのです。
養鶏場ではカロテノイドを含む飼料を調節する事で卵黄色を調整しています。
なお、卵黄色の濃さは卵の栄養とは無関係です。
コメ中心に育てられた「ホワイトたまご」は脂質が100グラム当たり8.1グラムと、トウモロコシを与えられた卵より2グラムほど少ない。
その分カロリーも低めだという。
国産米を飼料としているということは、一般的な輸入トウモロコシを主原料としている飼料と違って輸送に掛かる燃料が少ないということ。
つまりは、燃料から排出されるCO2の削減に繋がる“エコたまご”でもあるのです。
それから、白い黄味以外にも黒や赤い黄味の卵もあります。
与える餌により色が変化するそうです。
                         以上
nice!(1)  コメント(0)  [編集]

7月9日

 こんにちは、いかがお過ごしでしょうか?暖簾にゴリ押しです。


 もうそろそろ、宮崎は梅雨明けとなりそうですね。空がすっかり夏模様です。

 去年の夏は、2ヶ月の間に4回も熱中症になりました。今年はそうならないようにしたいものですが、極端に暑さに弱いため、いっそのこと冷凍庫の中で仕事をしたいものです。


 熱中症にならないように、暑さを我慢せず、素直に冷房機器に頼るべき。冷房の電気代と自分の命、どちらが安いか分かりきったものでしょう。

 しかしながら、涼しい場所に居るから熱中症にならない、というわけでもないんですよね。

 例え、冷房でキンキンに冷えた部屋でゆっくりしていても、熱中症にはなるんですね。いくら体を涼しく保っていても、適度に水分と塩分を摂っていなければ、結局は熱中症になります。


 去年の今頃は、確か塩分タブレット等の商品が話題になっていたと思います。

 自分も、塩分タブレットを含み、水分補給をしておりました。熱中症に4回なった後の話ですが。

 今や、百均や二百円ショップなどでも、様々な熱中症対策の商品が並んでいます。

 本格的に暑くなる前に、自分にあった対策商品を見つけるのも良いかもしれませんね。


 塩分タブレット、水、日傘、アームカバー、帽子、タオル、持ち運べるものはしっかり持って、熱中症に負けない夏にしましょう~



 少なくとも自分は、去年の夏の記録更新だけはしないようにしたいです。
nice!(1)  コメント(0)  [編集]

7月6日

こんにちは、AYAです。

『人が死なないと梅雨が明けない・・・』

鹿児島県には、そんな悲しい言い伝えがあるとか。
この言い伝えには、鹿児島県が豪雨による土砂災害に見舞われやすいこと、
梅雨末期に大きな降雨に見舞われやすいこと、などの意味が含まれています。

西日本をすっ飛ばして関東甲信地方が先に梅雨明けした今年。

沖縄・奄美・関東甲信以外は、台風の影響もあって梅雨明けの発表はまだ。
西日本と東日本では、8日にかけて雷を伴った猛烈な雨が断続的に降り、
過去の大雨を大きく上回る記録的な大雨となるおそれがあり今後の雨によっては
「大雨特別警報」が発表される可能性がある模様。
土砂災害や河川の増水氾濫に厳重に警戒し、低い土地の浸水に警戒が必要となるそう。

どこも、大きな被害がなく梅雨が明けて欲しいと願います。

 暑い.jpg

タグ:Aya
nice!(1)  コメント(0)  [編集]